大学を知る

ホーム > 大学を知る > 教育基本方針

教育目的

 本学は、教育基本法及び学校教育法の精神に則り、広い教養を授け、専門の職業教育を施すと共によき社会人を育成し、もって人類の福祉と文化の進展に寄与することを目的とする。(学則第1条)

教育基本方針

 高知学園の象徴、「世界の鐘」の呼びかける平和と友愛の精神を柱とし、自由と規律を尊び、真理を深め、創造性と情操を培い、広い教養と健全な社会性を身につけた専門的職業人を育成する。

学科・専攻の教育目的

■生活科学学科

 食・栄養に関わる専門的理論と技術を多様な講義や演習、実験・実習で習得し、総合的な学習経験を通して、健康の保持・増進に貢献する実践的な能力を養い、さらにキャリア形成に対する意識を高め、食・栄養・健康の専門家としての情報発信ができる栄養士を養成する。

■幼児保育学科

 幼児たちの集団生活を育む教育・保育に必要な知識と技術を習得し、愛情に満ちた豊かな人間性を持つとともに、特に附属高知幼稚園などにおける豊富な実習の体験を通して、新たな幼児保育理論を備えた実践力を有する幼稚園教諭、保育士及び保育教諭を養成する。

■医療衛生学科

「医療検査専攻」
 医学および臨床検査に関する講義・実習・演習を通して、生命の仕組みと疾病の成り立ち及び予防に関する専門的知識と技術を習得するとともに、健康維持・増進の重要性を理解し、高度化・多様化する現代医療に貢献できる実践力を備えた臨床検査技師を養成する。

「歯科衛生専攻」
 多様な講義・演習・実習を通して専門的な知識と技術を習得し、豊かな人間性と倫理観を兼ね備え、専門的職業人として生涯にわたり自己研鑽し、口腔衛生管理・健康支援ができる歯科衛生士を養成する。

■看護学科

 専門的知識・技術を教授し、科学的・論理的思考を養い、かつ演習や実習を通じて実践能力を身につけ、社会の健康課題を人々と共に解決し、健康生活の向上に貢献できる豊かな人間性・創造性・主体性をもった看護専門職者を養成する。

■専攻科

「応用生命科学専攻」
 臨床検査技師養成教育を受け、習得した専門知識と技術を活用し、幅広い教養と実践力を養い、生命科学分野から保健医療分野まで広く応用できる問題解決能力を有した人材を養成する。

「地域看護学専攻」
 看護師としての学修内容の上に、公衆衛生看護学の知識体系を積み上げ、個人・家族・集団・組織からなる地域社会全体の健康レベルの向上のために、広い視野と洞察力をもち創造性豊かに他者と協働することができる看護職者を養成する。さらに、修了研究を通して課題発見力や論理的な思考力、表現力を身につけ、看護学の発展に寄与するための基礎的能力を養う。

学習成果

 高知学園短期大学では、教育基本方針に基づき、食・教育・医療各分野における専門的職業人として「平和と友愛」に貢献する人材を育成するため、本学における教育と学習を通じて次の四つの能力を獲得することができる。
1.専門的職業人として必要な知識と技能を身につけ、その内容と意義を説明することができる。
2.社会の状況を積極的に受け入れる柔軟な感性を持ち、周囲に広げていくことで、最新の知見を導き出し、適切な判断を下すことができる。
3.「平和と友愛」に貢献するため、倫理的な観点から専門的知識と技能を活用して考え抜き、自ら行動することができる。
4.自分の意見を的確に伝えると同時に多様な人々の意見を聴くことによって、相互に理解し尊重しあいながら自分の役割を果たすことができる。

■生活科学学科

 生活科学学科では、食と栄養から健康を保持・増進することで、世界の平和と友愛に貢献できる社会人となるため、次に掲げる能力を獲得する。
1.健康の保持・増進に貢献するため、食・栄養に関わる専門的知識を適切に活用することができる。
2.栄養に関する専門的職業人として、栄養と健康の情報を適切に発信することができる。
3.地域や医療・福祉等の組織と連携・協力して健康で豊かな生活の実現に向けた行動を起こすことができる。
4.食生活や食習慣の改善に寄与するため、自ら課題を立て、その課題の解決に取り組むことができる。

■幼児保育学科

 幼児保育学科では、子どもの健やかな成長を育むことで、世界の平和と友愛に貢献できる社会人となるため、次に掲げる能力を獲得する。
1.子どもたちの集団生活を育む教育・保育に必要な知識と技能を獲得することで、問題を発見し理論的な洞察力で解決することができる。
2.多様な情報を客観的に理解し社会貢献に向けた適切な判断力と自尊感情を獲得することで、子どもの心身の発達を支援することができる。
3.愛情に満ちた豊かな人間性を獲得することで、健やかな成長に適した環境を構成することができる。
4.最新の教育・保育理論を備えた保育の指導計画を立案し実践する能力を獲得することで、保育に関する指導を行うことができる。

■医療衛生学科

「医療検査専攻」
医療検査専攻では、臨床検査の専門的職業人として現代医療に貢献できる人材を養成するため、本専攻の教育と学習を通じて次の能力を獲得することができる。
1.臨床現場で貢献できる基本的な臨床検査の知識と技術を身に付け、その臨床的意義について説明することができる。
2.医療の進歩に対応し、最新の臨床検査学について自ら情報を収集し、臨床検査データを分析して評価することができる。
3.医療従事者としての高い倫理観を培い、臨床検査技師として現代の医療に貢献できるよう自ら行動することができる。
4.医療の対象者及び医療従事者と適切なコミュニケーションをとり、多様な人々と協働しながら自らの役割を果たすことができる。

「歯科衛生専攻」
医療衛生学科歯科衛生専攻では、教育目的に基づき、専門的職業人として継続的な口腔衛生管理と支援をするため、次に掲げる能力を獲得する。
1.倫理観を持ち、生活背景・人生経験豊かな人たちを敬い傾聴することにより、コミュニケーション力を身につけることができる。
2.良好な人間関係を構築し、他職種と協働・連携することにより地域貢献を推進していく力を持つことができる。
3.専門的知識と技能を身につけ論理的思考を高めることにより、口腔衛生管理と健康支援をすることができる。
4.自己研鑽を積み重ね、情報収集したものをまとめる力を身につけることにより、学習した成果をプレゼンテーションすることができる。

■看護学科

 看護学科では、人々の健康生活の向上に貢献できる看護専門職者となるため、所定の教育課程を修了することで、次に掲げる能力を獲得する。
1.専門的知識を用いてアセスメントを行い、対象に必要な看護を判断することができる。
2.様々な健康課題を持つ対象に応じた看護計画を立案し、習得した看護技術を用いて、安全に実施することができる。
3.実践した看護を振り返り、評価・修正を行うことができる。
4.看護の対象と援助関係を築き、価値観を尊重した看護を行うことができる。
5.学習と体験をつなげて考え、学びを統合することができる。
6.自己を客観的に見つめ、考えを適切に伝えることができる。
7.状況に応じて、適切に報告・連絡・相談することができる。
8.チームの一員としての自覚を持ち、自己の役割をはたすことができる。
9.広く社会の情勢を知り、主体的・積極的に学習に取り組むことができる。
10看護の責任ややりがいを認識することができる。

■専攻科

「応用生命科学専攻」
 専攻科応用生命科学専攻では、臨床検査の実践力と研究能力を有する専門的職業人を養成するため、本専攻の教育目的に基づき次の能力を習得する。
1.臨床検査学の基礎的知識・技術を基に、生命科学分野から保健医療分野における高度な専門的知識と技術を習得し、その内容・意義について評価し説明することができる。
2.生命科学・保健医療分野の進歩やそれに対する社会の状況を把握するため、自ら最新の知見を情報収集して問題点・研究課題を抽出し、解析・考察することができる。
3.研究課題や演習の遂行において、倫理的配慮を行うことができる。
4.他者とのディスカッションを通じ、自らの意見を伝え、相手の考えを聞くことにより、コミュニケーション能力を培い、より良い人間関係を構築できる。

「地域看護学専攻」
 専攻科地域看護学専攻では、本専攻科の教育目的に基づき、学習成果を以下の通りに定める。
1.公衆衛生看護学の知識・技術を用いて個や集団を統合的に理解し、健康課題を明確にできる。
2.人々の生活を多面的に捉え、対象者自身が生活習慣の改善に向けて取り組むための援助ができる。
3.集団の中の自分の位置を理解し、状況にふさわしい方法でリーダーシップを発揮することが出来る。
4.コミュニティの中にある組織活動を見極め、健康課題に対処する力を育成するための自主活動を理解できる。
5.公的な組織の構造と機能、健康課題の解決に向けた地域の中のケアシステムを理解できる。
6.看護に関する自らの疑問を文献検討に基づいて洗練化し、収集したデータについて、論理的に解釈することができる。
7.看護に関する自らの疑問に取り組んだ結果を、他者に理解できるよう表現し、伝えることができる。

 

ディプロマ・ポリシー

■卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 高知学園短期大学では、本学学生が「学習成果」を達成して人類の福祉と文化の進展に寄与していくため、本学における教育と学習を通じて以下の能力を獲得した者に短期大学士の学位を授与する。
1.食・教育・医療それぞれの専門性における知識や技能を習得し、全学及び各学科・各専攻の教育目的に合致する資質と能力を獲得した者。
2.本学が掲げるキャリア形成基礎力の四つの能力「感じ、広げる力」「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を身につけた者。
3.人命を預かる責任感と倫理観を有し、世界や地域の動向を理解して 平和と友愛へ貢献するために専門的知識と技能を活用する実践力を備えた者。
4.広い視野から人命を尊重するとともに、専門的知識や技能を活用しながら、多様な人々と協働し学び続ける力を有する者。

■生活科学学科

 生活科学学科では、次に掲げる資質を身につけた者に短期大学士(生活科学)の学位を授与する。
1.食・栄養に関わる専門的知識を体系的に身につけ、健康の保持・増進に貢献する実践的な能力を備えた者。
2.栄養士を基盤とした専門家としてのキャリア形成に対する意識を持ち、コミュニケーション能力と協働の姿勢を有し栄養と健康の情報発信力を身につけた者。
3.平和と友愛の精神に基づいて、地域や医療・福祉等の組織の中で、連携・協働して健康で豊かな生活を実現する実践力を備えた者。
4.総合的な学習経験を通して、食生活や食習慣の改善に寄与する実践的能力を身につけるとともに、自ら課題を立て、その課題の解決に取り組むことができる者。

■幼児保育学科

 幼児保育学科では、平和と友愛の精神に則り、次に掲げる資質を身につけた者に短期大学士(幼児保育学)の学位を授与する。
1.保育者に必要な専門的知識及び基本的技能を身につけた者。
2.広い教養と専門性から社会的状況を分析しながら人命を預かる責任感を身につけた者。
3.子どもの健やかな成長を願う豊かな人間性を身につけた者。
4.社会の諸問題に対して、子どもの教育・保育に基づいた考えをまとめ、表現し、行動することができる者。

■医療衛生学科

「医療検査専攻」
 医療検査専攻では、学生が現代医療に貢献できるために、本専攻の教育と学習を通じて「学習成果」を達成し次の能力を獲得した者に短期大学士(臨床検査学)の学位を授与する。
1.臨床検査技師に求められる基本的な知識と技術を習得した者。
2.臨床現場の中で医療チームの一員として活躍できる幅広い実践力と問題解決能力を身につけた者。
3.医療従事者としての豊かな人間性、倫理観を有し、臨床検査学の知識と技能を活用できる者。
4.広い視野から人命を尊重するとともに、自らの役割を果たすためのコミュニケーション力を身に付け、多様な人々と協働し学び続ける力を有する者。

「歯科衛生専攻」
 医療衛生学科歯科衛生専攻では、学習成果に基づき、口腔衛生管理の専門職になるために次に掲げる資質を身につけた者に短期大学士(歯科衛生学)の学位を授与する。
1.豊かな人間性と倫理観を持ち、人を敬い傾聴する姿勢を身につけた者。
2.保健・医療・福祉を総合的に捉え、良好な人間関係を構築しながら地域および他職種と協働・連携することができる者。
3.根拠に基づいた全身的観点から口腔衛生管理・支援することができる知識と技術を身につけた者。
4.将来に向けてのミッションを持ち、考えを広げ学び続ける意欲と課題解決をまとめプレゼンテーションできる能力を有する者。

■看護学科

 看護学科では、人々の健康生活の向上に貢献できる看護専門職を目指し、次の要件を満たすと認められる者に短期大学士(看護学)の学位を授与する。
1.看護の専門的知識や技能を習得し、根拠に基づいた看護を実践する能力を有している。
2.看護専門職者としての倫理観をもち、対象を尊重した看護を実践する能力を有している。
3.学習と体験を統合し、対象の健康レベルと生活の質の向上のために深く思考する能力を有している。
4.他者との協働関係を構築するために、自己を客観的に理解し、表現する能力を有している。
5.看護の価値を見出し、生涯学び続ける力を有している。

■専攻科

「応用生命科学専攻」
 専攻科応用生命科学専攻では、生命科学や保健医療の分野で貢献できる人材となるために次の能力を習得したものに対し、修了認定を行う。
1.生命科学・保健医療分野の高度な専門的知識や技術を習得した者。
2.自ら行った実験・研究を通じ、問題解決に必要な知識・技術を融合的に応用できる能力を養い、研究論文作成法を習得できた者。
3.生命科学・保健医療を学び活用する者として、責任感と倫理観を有し、それを実践できる者。
4.コミュニケーション能力を培い、他者と適切な人間関係を築くことにより、医療に携わる者としての資質を備えた者。
 (学位授与)専攻科修了者のうち、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が定める要件を満たした者には、学士(保健衛生学)の学位が授与される。

「地域看護学専攻」
 専攻科地域看護学専攻においては、地域で生活している人々の健康増進を目指すと共に地域全体の健康レベルの向上に貢献できる看護職者として活躍するため、以下に示す知識と技能、態度を習得した者に課程修了を認定する。加えて独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が定める要件を満たした者には、学士(看護学)の学位を授与する。
1.人の生活と健康に関する解剖生理学的知識や行動心理学的知識、公衆衛生看護学の知識を基盤に、多様な背景をもつ対象者の主体性や価値観を尊重した関係を築き、行動変容に導くことのできる能力を有する。
2.国や地方自治体が掲げる健康施策の理解と将来的な予測に基づき、地域の健康課題を明確にし、他者と連携・協働しながら組織的に課題 を解決するための企画力や調整力を有する。
3.研究テーマについての文献検討と論文作成、プレゼンテーションを通して論理的思考力や表現力を高め、看護の質の向上に向けたリーダーシップを有する。

 

カリキュラム・ポリシ−

■教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 高知学園短期大学では、学生が「卒業認定・学位授与の方針」にかなう知識や技能を習得し、能力や資質を獲得することによって、平和と友愛の精神を柱とし、自由と規律を尊び、真理を深め、創造性と情操を培い、広い教養と社会性を身につけた専門的職業人を育成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成し、質の高い教育を実施する。
1.平和と友愛に貢献できる専門的職業人を育成するため、広い視野から思考し実行する力を育む教養教育、専門的な知識や技能を身につけ学外実習を通して総合的・創造的な実践力を養う専門教育から教育課程を編成し、世の人々のために役立つ責任感と倫理観、確実な知識と技能及び実践力を習得する教育を実施する。
2.さまざまな問題の原因を探り課題を克服しながら成長できる専門的職業人を育成するため、具体的な授業内容と到達目標及び授業以外で学習すべき内容を明確に示す教育課程を編成し、自ら計画を立てて主体的に学ぶ姿勢を育む教育を実施する。
3.食・教育・医療各分野から平和と友愛に貢献する専門的職業人を育成するため、学習成果に有益な教養教育の教育課程等を学科・専攻別に編成し、多様な視点から専門性を高める教育を実施する。
4.自らの成長と課題を自覚することができる専門的職業人を育成するため、基礎から応用へと段階的に発展する教育課程を編成し、学生自らが新たな目標を定め主体的に学ぶことができる教育を実施する。
 以上の方針の下、獲得された学習成果を高知学園短期大学・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。

■生活科学学科

 生活科学学科では、食・栄養・健康に関する幅広い知識と実践的な技術を備え、社会で活躍できる栄養士を養成するための教育課程を編成し、特に以下に掲げる目標を達成するための教育を実施する。
1.栄養士として実践に役立つ専門知識と実験・実習を通して実務能力を1年次から習得し、さらに給食管理実習・栄養教育実習等の学外実習を通して実践力を養う教育課程を編成し、実施する。
2.社会の動向に対して適切に対応するため、広い視野から食と健康を考えることができる栄養士や栄養教諭を養成するため、多様な分野から教養教育を構成し、専門教育による体系的編成と関連づけながら専門性の強化を図る教育を実施する。
3.社会におけるさまざまな食の問題を健康の観点から解決するため、授業で学習する内容と授業以外で学習する内容を結びつけて理解を深める教育課程を編成することで、栄養の重要性を理解し、自ら計画を立てて主体的に取り組む教育を実施する。
4.実験・実習科目では、グループ単位の少人数教育・指導・支援体制を強化し、学生一人一人が主体的に学べるように十分な学習時間を確保しながら教育を実施する。
 以上の方針の下、獲得された学習成果を生活科学学科・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。

■幼児保育学科

 幼児保育学科では、幼稚園教諭と保育士、保育教諭を養成するための教育課程を基本とし、特に以下に掲げる目標を達成するための教育を実施する。
1.教職・保育における表現技術を身につけ、本質や目的・対象を理解し、保育実践を行う方法を習得するとともに、幼児保育学の基礎理論・技能から応用的・実践的な理論・技能への発展性と一貫性を理解する総合的な教育課程を編成することで、保育者として果たす責務を認識し、専門性を向上する教育を実施する。
2.保育を通して平和と友愛に貢献するために有益な教養教育と専門教育の教育課程を編成し、倫理的な責任感に基づいて広い視点から保育活動を実践するための教育を実施する。
3.日常生活におけるさまざまな問題を幼児保育の観点から発見し克服するため、授業で学習する内容と授業以外で学習する内容を結びつけて理解を深める教育課程を編成することで、子育て支援の重要性を理解し、自ら計画を立てて主体的に取り組む教育を実施する。
4.教育実習・保育実習を通して専門的理論および技能を正しく活用した保育実践力を養う教育課程を編成し、チームで子どもの最善の利益を尊重することができる教育を実施する。
 以上の方針の下、獲得された学習成果を幼児保育学科・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。

■医療衛生学科

「医療検査専攻」
 医療検査専攻では、学生が「卒業認定・学位授与の方針」にかなう能力を獲得することによって、現代医療に貢献できる臨床検査技師を養成するために、以下の方針に基づいて教育課程を編成し、実施する。
1.基礎、専門基礎分野の教育課程を編成し、広い視野から医療従事者に必要な知識と技術を習得できる教育を実施する。さらに専門分野の講義・実習をとおして臨床検査技師に必要な専門的知識と技術を習得できる教育課程を編成し実施する。
2.専門分野の講義・実習・演習をとおして総合的な病態解析能力 を身につけ、医療の進歩及び公衆衛生の向上に貢献できるための教育課程を編成し実施する。
3.豊かな人間性を養うために基礎分野に生命倫理などの教育課程を編成する。また、専門分野の実習や演習においてはグループによる学習を重視した教育課程を編成し実施する。
4.臨床現場に身を置き、実際の日常業務を体験することで、臨床検査技師としての役割と責任を自覚し、コミュニケーション力を高めることができる教育課程を編成し実施する。
 以上の方針の下、獲得された学習成果を医療衛生学科医療検査専攻・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。
「歯科衛生専攻」
 医療衛生学科歯科衛生専攻では、広い教養と良識のある歯科衛生士を育成するための教育課程を編成し、歯科医療の高度化と多様なニーズに対応するための知識と技能を習得することを基本とし、以下に掲げる目標を達成するための教育を実施する。
1.基礎分野教育課程を編成することで良好な人間関係を構築するために科学的思考の基礎および人間と生活に必要な教育課程を編成し、豊かな人間性、コミュニケーション力を養うための教養教育を実施する。
2.専門基礎分野教育課程を編成することで人体の構造と機能および疾病の成り立ちと予防など基本的知識を習得するとともに健康に関わる社会の仕組みを理解するために必要な教育課程を編成し、基本的な専門基礎教育を実施する。
3.専門分野教育課程を編成することで口腔に関わるより専門的な知識と技術を習得するとともに、保健医療人としての基本的な態度・論理的思考に必要な教育課程を編成し全人的視点からの口腔の健康支援ができる専門教育を実施する。
4.選択必修分野教育課程を編成することで他職種と協働・連携の重要性を理解するために必要な教育課程を編成し、3年間のまとめとして健康教育での学びをプレゼンテーションする力を高める自主的な教育を実施する。
 以上の方針の下、獲得された学習成果を医療衛生学科歯科衛生専攻・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。

■看護学科

 看護学科では、看護師と養護教諭を養成するための教育課程を基本とし、学習成果に示される10の能力を有する看護専門職者の養成を目指して、教育課程を編成し実施する。
1.1年次は、看護の対象である人間を理解するための基礎となる能力や豊かな人間性を培うための【教養教育科目】を置く。特に、入学直後から生徒から学生への移行を促進し、学習の基盤となる看護学生として主体的に学ぶための基本的な態度や習慣が身につくよう「キャリア形成演習」を設定する。さらに、看護学科の卒業認定・学位授与の方針に基づき科学的・論理的に看護を展開できるための看護の専門的知識の基盤となる【基礎分野】【専門基礎分野】を中心に編成し、授業と授業時間 外の反復学習により、看護の専門的知識の基礎を確立するための教育を実施する。そして、【専門分野T】として〈基礎看護学〉を設定し、倫理的視点をもち根拠に基づいた看護を展開するための基盤をつくる。
2.2年次は1年次の学びである人間の理解を基盤として、主に【専門分野U】として〈成人看護学〉〈老年看護学〉〈小児看護学〉〈母性看護学〉〈精神看護学〉を設定し、臨地実習として「基礎看護実習」「急性期看護実習」「慢性期看護実習」「母性看護実習」を編成する。臨地実習科目の履修にあたっては、学内で学んだ知識・技術をもとに実践につなげ、応用・統合できるように、履修要件を設ける。
3.3年次はより広い視点で物事を捉え、実習での体験と講義を関連付け学びを深められるよう、【専門基礎分野】に「公衆衛生学(衛生学及び予防医学含む)」「看護と福祉」「看護と政策」「医療と経済」を設ける。また、人間の発達段階や健康レベルなど多様な対象への看護を展開する能力を習得するために「老年看護実習」「小児看護実習」「精神看護実習」を編成する。そして、【統合分野】に〈在宅看護論〉を設定するとともに、「看護研究」「看護管理論」「災害看護学」「看護技術評価」「総合看護実習」などの科目を設定することにより、これまでの学びを統合し看護専門職者としてのアイデンティティを育む教育を実施する。
 以上の方針の下、獲得された学習成果を看護学科・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。

■専攻科

「応用生命科学専攻」
 専攻科応用生命科学専攻では、学位授与認定の目的を達するため、次のようなカリキュラムを編成し、実施する。
1.高度な医療技術者であるとともに応用力のある人材を育成するため、生命科学・保健医療分野の幅広いカリキュラムを編成し、専門的職業人として備えるべき素養と実践力を習得できる教育を実施する。
2.修了研究として各研究分野のテーマに取り組むことにより、それまでに学習した理論、知識、技術を複合・融合的に駆使し、課題探求能力を主体的に習得できる教育を実施する。
3.生命倫理に関する知識を基盤として、移植医療・生殖医療・遺伝子解析などの分野や、修了研究において、対象者への倫理的配慮を習得できる教育を実施する。
4.ゼミ形式の授業や修了研究において発表を行うことで、プレゼンテーション・コミュニケーション能力を習得できる教育を行う。
 以上の方針の下、獲得された学習成果を専攻科応用生命科学専攻・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。

「地域看護学専攻」
 専攻科地域看護学専攻では、保健師を養成するための教育課程を基本とし、公衆衛生看護に関する基本的知識を、講義、演習、実習と段階的・系統的に応用し実践力を獲得できる教育課程を編成し、実施する。
1.公衆衛生看護学概論を基盤として、対象理解、保健計画、健康教育、地域組織活動といった公衆衛生看護活動についての基本的な知識と技術を習得する。
2.対象をとらえ解釈する多様な視点を養うため、外国語、情報科学V、保健統計学Uを履修し、集団や組織の情報把握、情報処理の知識と技術を習得する。
3.公衆衛生保健指導論として母子・成人・高齢者・精神・障害者(児)・産業保健・学校保健といった分野別に、保健指導に必要な知識と技術を習得する。
4.既修得科目を統合して対象地区の状況に合わせた公衆衛生看護を実践する力を養うために公衆衛生看護実践論、公衆衛生看護管理論を履修し、臨地実習の準備性を高める。
5.個人・家族・集団・組織の支援実習、公衆衛生看護活動論実習、公衆衛生看護管理論実習を履修し、臨地においての指導を受けながら公衆衛生看護活動を具体的に理解し、実践する。
6.修了研究に取り組み、論理的思考力や表現力を高め、専門職としての自己教育力を強化する。
 上記1〜6の方針のもと、獲得された学習成果を専攻科地域看護学専攻・学習成果査定の方針に基づいて客観的に評価する。

アドミッション・ポリシー

 

充実した大学生活のための方針

幅広い教養教育ときめ細かな専門教育

豊かな教養を身につけたスペシャリストは、社会で最も求められる人材です。本学は、自分の興味や関心を伸ばす教養教育と実習を重視した専門教育によって学生ひとりひとりの可能性を最大に広げる、充実した教育体制を整えています。

情報処理などのキャリアアップ講座が充実

これからの社会では、OA機器を自在に使いこなす能力が不可欠です。本学ではパソコン実習室を設け、情報処理系の講座を充実させています。また、パソコン技能などに対応したキャリアアップ講座にも力を入れています。

短期大学士と専門資格を同時に取得

規定の単位を修得すれば、卒業時に短期大学士の学位に加えて、各種の資格(受験資格含む)および免許状などが与えられます。社会で大活躍できるパスポートともいえる資格や免許状を手に入れ、未来へ大きく羽ばたくことができます。

親身な就職指導、卒業後のサポートも万全

就職難といわれる時代ですが、本学は就職委員会を中心とした親身な指導によって、屈指の就職率を誇ります。また、社会人になってからの再就職の相談にも積極的に応じています。全学をあげて、学生の夢をバックアップしているのです。

専攻科、4年制大学への編入学も積極支援

本学を卒業後、さらにステップアップを希望する学生に対しては、専攻科や4年制大学への編入学の支援をきめ細かく実施しています。本学と編入学提携を結んだ大学も多く、希望者には綿密な情報提供や面談をおこない、最良の進路を指導します。

〈▲ページの最初に戻る〉