学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 幼児保育学科


 幼児保育学科

 幼稚園教諭、保育士を目指す
2年制

 短期大学士(幼児保育学)・幼稚園教諭二種免許状・保育士資格

人間形成の基礎を培う
乳幼児期の教育及び保育について学ぶ。

幼児教育や児童福祉を理解しながら
実践的に学び、豊かな人間性を養います。

 幼児期の教育保育は、豊かな感性や社会性、運動、学習能力など人間形成の基礎を培う極めて重要な役割を果たします。

幼児保育学科 学科長
浜田 幸作
 子どもは,遊びを通じ周囲に働きかけて自発的に学習していきます。さまざまな経験を重ねる中で感性を働かせながら探究し、気付きによってさらに意欲を示します。そのような日常生活の中で、豊かな感性や社会性、運動、学習能力など人間形成の基礎がつくられることになります。  子どものなにげない行動一つ一つに、それぞれの子どもの個々の育ちや発達を理解して、明確な教育保育の目標をもってかかわることになる保育者には、幼児期の教育保育に携わるという使命感や職業意識が求められています。そこで幼児保育学科では、幼稚園教諭や保育士、保育教諭を目指す学生に、自律や幅広い教養、学力、意欲や情熱、子どもへの愛情、洞察する力、技能といった必要な資質や能力を育てるという役割を踏まえて、基礎から応用・実践に至るまで幅広く学習できるシステムを構築しています。基礎学力を伸ばすための多様な授業やカリキュラムを編成してきめ細かな指導によって、論理力や表現力、コミュニケーション能力や共生する力を育成し、実習を通して学びを深めていきます。  やりがいのある保育者となって、活躍しようとするみなさんの豊かな感性と洞察力を最大限伸ばすことができるよう、幼児保育学科を挙げて取り組んでまいります。共に励んでまいりましょう。
卒業と同時に幼稚園教諭二種免許状と保育士資格を取得できます。
より実践的で質の高い保育者の養成を目指し、本学独自のカリキュラムを編成しています。

 主なカリキュラム

発達心理学T・U

発達理論の理解を深め、
子どもと触れあうことで、保育実践力を養う。
 保育の実践は子どもを理解して初めて可能となります。発達心理学では、子どもの心の発達を理解し保育へ活用する視点と能力を養うため、常に最新の発達理論を学ぶとともに子どもと触れあいながら理解を深めていきます。
 中でも、附属高知幼稚園の協力を得て幼児を対象とした研究を行うことは、自ら学習して得た知識と実際に得られた分析結果とを結びつけて理解を深めていく効果があります。
 その結果、理論で用いられるデータを読み取る力が養われますので、就職後も最新の研究理論を活かした保育実践力の向上に役立っています。

保育内容(健康)

子どもたちの健康・遊び・安全について
グループワークで学び合う。
 子どもたちの心身の健康に関する領域「健康」では、基本的生活習慣・遊び・安全等のテーマに重点を置いて、保育者の指導・援助のポイントを実践的に学びます。
 運動遊びの模擬保育では、幼児期運動指針をふまえて、発達特性に応じた運動の在り方や保育者の関わり方をグループワークで理解します。
 また、安全の確保や事故への対応、乳幼児の一次救命処置の手順、災害時の行動など、子どもの命を預かる保育者の責務についても学びます。

保育内容(表現)

絵本を動く絵本に変える劇づくりに挑戦。
 表現をするということは、人が人間らしい生活を営み続ける上でとても大切なことです。また、人格を支える重要な領域の一つです。そしてそれは子どもたちの豊かな感性を育て、感じたことを表現し、創造性を豊かにすることが目標になります。それには、子どもの表現する力がどのようなプロセスを経て育っていくのかを知る事がまず必要となります。
 この授業では絵本を題材にして劇作りに挑戦し、その過程を楽しみながら子どもの成長発達も想像し、子どもがこの劇をみたらどんな反応をするのか自分も楽しみ、子どもたちの喜んだ顔が見えるような授業にしたいなと思っています。

幼児と造形表現

造形表現について理解を深め、
必要な造形的基礎技能を習得する。
 描いたり作ったりする造形表現活動は、子ど も達にとって言わば根源的欲求であり、かつ子どもの心の成長においてもそれは大きな原動力となります。保育の専門性を形成するものの一つとして造形的素養が保育者自身に求められ、また大きな位置を占めるのもこのためです。
 基礎造形では、子どもの「心」をとらえることができる保育者を目指し、子ども達の造形表現活動を豊かに育むために、実技を中心に必要なことがらについて理解を深めながら基礎的技能を習得することができます。

教育実習・保育実習(保育所・施設)

子どもを理解し、保育を構想し、
省察する力を身につける。
 乳幼児期の教育は、子どものもつ様々な可能性に働きかけ、その人格の形成の基礎を培う重要な営みです。保育者が自分の思いを一方的に子どもたちに押し付けるだけの保育では、子ども一人一人の発達を着実に促すことはできません。
 実習は、学校で身に付けた知識や技術をもとに、幼稚園や保育所、福祉施設等で、直接子どもと関わり共に生活をする中で、保育者としての喜びや意義、子どもについての理解を深める営みといえます。
 ただ単に保育者や子どもの姿を観察するだけではなく、保育を計画し、実践し、そして振り返り、再び保育を計画するという体験を通して、保育者としての専門性を学んでいきます。このようにして、保育の基礎力を身に付けていくことができるのです。

幼児と音楽表現

子どもたちみんなが輪になって楽しむ音楽のある生活、
人間形成の基礎を培うための音楽表現方法を学ぶ。
 幼児の音楽活動を援助し、子ども自ら創造性を広げていけることを目標に歌唱、鍵盤楽器(ピアノなど)の演奏技術や、器楽合奏の基本的表現方法など、学生の技量や特性に応じて指導が行われます。
 楽曲の理解に直接つながりのある音楽理論など、基礎的応用的知識も身に付けます。
 また、実際の保育現場で即戦力になる歌の即興的伴奏法や、動く活動に必要となる伴奏法も学びます。
 いずれも子どもの望ましい成長・発達を期待し、その学びを援助するために欠かせない保育者としての基礎技能です。

 教員からのメッセージ

幼児保育学科 准教授
田村 由香
  近年、子どもを取り巻く環境の変化とともに、保育における様々な課題が挙げられてきています。そのような中、保育者に求められるのは、それぞれの保育課題に対応できる資質と専門性です。
 この4月からは、改訂された「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」が実施されています。乳幼児期の保育・教育のバイブルともいえるこれらの理解を、各カリキュラムの中で、理論だけでなく、事例や模擬保育等を通してしっかりと行っていきます。
 また、乳幼児期の保育は環境を通して行われています。なにより保育者は、子どもにとって最大かつ重要な“環境”です。“保育者”は本当にやりがいのある仕事です。子どもが大好きな皆さん、子どもたちが、毎日自分らしく生き生きと遊び、笑顔で生活を送ることができるように、ともに学んでいきましょう。2年間の学生生活の様々なカリキュラムの中で、同じ目標を持つ仲間と一緒に、豊かな感性と実践力を身に付け、いつも子どもの立場で考えることの出来る、子どもにとって魅力ある保育者を目指しましょう。

 先輩の声

幼児保育学科2年
平野 奈子
  私は幼い頃から、歌うことと子どもと関わることが大好きです。特に保育所に通っていた頃の思い出は今でもよく覚えていて、優しかった園長先生の影響もあり、保育者を目指すようになりました。
 入学当初は、友達ができるのか、ピアノの弾き歌いなど上手く出来るようになるのかという不安がありました。しかし今では、同じ夢を持つ仲間や指導して下さる先生方のおかげで毎日楽しく、充実した学生生活を過ごしています。
 ピアノの授業は学生一人一人のペースに合わせて進められ、毎回アドバイスも頂けて、力と自信をつける事ができます。クリスマスコンサートのような幼児保育学科ならではのイベントは、それに向けての合奏の授業もあり、とても楽しく取り組んでいます。
 学外実習では、可愛くて元気な子どもたちと関わりながら保育現場の様々な仕事について学ぶ中で、「保育者になりたい」という思いがますます強くなっています。  将来は地元である四万十町に帰り、地域に貢献できる保育者になりたいです。
 私が理想とする保育者像に近づくために、日々の勉強とピアノの練習等に励んでいます。

〈▲ページの最初に戻る〉