キャリアセンター

ホーム > キャリアセンター > キャリアサポート

キャリアサポート



 豊かな教養を身につけたスペシャリストは、社会で最も求められる人材です。本学は、自分の興味や関心を伸ばす教養教育と実習を重視した専門教育によって学生ひとりひとりの可能性を最大に広げる、充実した教育体制を整えています。
 2006年、経済産業省は「社会人基礎力」育成の重要性を唱えました。社会人基礎力とは、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力から構成されています。この3つの能力にもうひとつ「感じ広げる力」を加え「高知学園短期大学キャリア形成基礎力」として学生が心豊かに学ぶとともに、常に最新の情報を収集し活用しながら高度な専門性を発揮できる社会貢献者として活躍する力を育成しています。
 ガクタン・スタイルの専門的職業人を育成する方針(キャリア・ポリシー)を次のように掲げています。
 高知学園短期大学では、心が広く豊かな高度専門的職業人として誇りあるキャリアを形成するため、(1)感じ、広げる力、(2)前に踏み出す力、(3)考え抜く力、(4)チームで働く力の重要性を理解し、自ら行動できる社会に貢献できる人材を育成します。


仕事と人生について語りましょう。

キャリアセンター長 二宮 久美  入学から卒業まで、学短で過ごす時間は、人生の中の僅かな一コマです。
 キャリアセンターは、この限られた時間の中で「食・教育・医療」の各分野に学び、それぞれがその専門性を生かした職に就き、地域社会に貢献していくみなさんのキャリア形成に関する支援をしています。
 就職担当教員や学生支援課職員と共に、必要な情報を迅速に発信し「仕事と人生」についてみなさんとの対話を大切にしながら総合的な支援をしていきます。希望する進路実現を目指して、自分自身の将来のキャリアを見つめ、学び続ける力を養い、社会性を身につけた専門的職業人としての「力」を培っていきましょう。


キャリアセンターでの取り組み

1.人間的成長を目的としたセミナーの充実  

  • 県内外で活躍しているOB・OGによる講演会
  • 全国的に活躍している著名な講師による講演会
  • 企業・施設関係者による就職戦略講座や就職ガイダンス
  • 社会人としてのマナー習得や身だしなみに関するセミナー

2.将来設計や就職について、ITを活用しての情報発信

3.個別相談や個人指導の充実による将来設計の支援

4.学年・学科ごとの特性に合わせたキャリアセミナーの開催

5.キャリアデザインノートを活用したキャリア形成支援

  • 東洋大学小島貴子先生監修の本学オリジナルキャリアノートです。入学時は、キャリアデザインノート、卒業年次には、キャリアビジョンノート、最終章として、キャリアチャレンジノートを配布し、本学での授業や実習で知識やスキルを身につけるのと同時に未来予想図を描き、社会に巣立つまでをサポートします。

6.教育課程にキャリア教育を根付ける取り組み





 本学の卒業生は、 広い教養と社会性を身につけると共に、専門的な知識・技能や取得した資格を活用し、 就職に挑戦しています。大学生の就職は非常に厳しい中にあって、 本学で学んだ優位性により各学科共に就職希望者が就職を果たしています。








高知学園短期大学キャリア形成基礎力

前に踏み出す力考え抜く力チームで働く力感じ、広げる力

〈▲ページの最初に戻る〉