学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 生活科学学科


 生活科学学科

 栄養士を目指す
2年制

 短期大学士(生活科学)・栄養士免許証・栄養教諭二種免許状・フードコーディネーター3級

食と栄養と健康の科学について学ぶ。
食や食生活に関する総合的な知識と実践的な
技術を身につけます。

 生活科学学科では「食・栄養・健康」に関する幅広い知識と実践力を備え、社会で活躍できる栄養士の養成を目標にしています。

生活科学学科 学科長
渡邊 慶子
 栄養士は、個人や集団を対象に食事や栄養についてアドバイスをする「栄養の指導」や、提供する食事の管理(献立作成や食材の発注、栄養素の計算など)を行う職業です。このため、専門教育科目は基礎から応用へと体系だった教育内容となっており、学生は多様なカリキュラムと、充実した実験・実習・演習を通して栄養士に求められる専門知識と実務能力を習得することができます。また、栄養士免許を基本として、充実したカリキュラム選択により栄養教諭二種免許状の資格を取得することもできます。
 さらに、医療、福祉、学校現場などで実績のある教員の指導により、情報社会に対応できる能力をもった栄養士を育成し、病院や福祉施設、学校など様々な分野で活躍できる実践的な力を養います。また、卒業後3年の実務経験を経て管理栄養士国家試験の受験ができますので、受験準備講座を開設して支援をしています。
食に関わる理論と技術を多様な実験、実習、演習でのきめ細やかな指導を通じて習得、高度な知識と実践力を備えた栄養士を育成します。
栄養士、フードコーディネーター3級の資格に加えて栄養教諭の資格も取得可能です。

 主なカリキュラム

調理学実習

調理の知識と技術を学ぶ実習です。
 健康維持・増進・疾病予防や治療には、毎日の食事が重要な役割を果たしています。
 調理学実習では、美味しく、バランスのよい食事がとれるよう基本的な調理操作を中心とした技術の習得や食品素材に適した取り扱い方と知識の習得、またテーブルセッティングやマナー、衛生管理についても実習を通じて幅広く学習していきます。
 さらに、調理過程における理論と技術との関連性を把握し、毎日の食生活にも応用することができるようになります。
 少人数グループでの実習で基礎から丁寧に指導していきますので、料理が苦手な方でもやる気次第で充分対応する事ができます。

栄養学実習

栄養について科学的に学びます。
 栄養学実習では、妊婦や授乳、成長、発達、加齢、身体活動の付加など、ライフステージごとに日本人の食事摂取基準を理解しながら、健康な生活を支えるための基本となる食生活のあり方について学習していきます。
 また、ライフステージによる栄養のポイントや身体的特徴、生活状況の違いを理解しながら、事例を通して対象者の栄養問題を把握し、栄養ケアプランを立てる事ができるようになります。
 本実習では1年次に講義で習得した知識をふまえ、実習を通じてより具体的に理解することができます。

食品学実験

食品学の講義で学んだことについて、
実際に食品を使って学ぶ実験です。
 食品学実験では、食品に含まれる各種成分に関する実験を行ない、成分の性質や含まれている量を調べます。
 色素に関する実験では、シソの葉に含まれる紫色のアントシアン色素がpHによりさまざまな色に変化するのを観察します。また、食酢に含まれる酢酸やダイコン・ジャガイモに含まれるビタミンCの量を測定します。
 このように、身近な食品を使って実験を行うことにより、食品についての知識を深めます。

学校栄養教育概論

信頼される食のエキスパートになるための基礎を学びます。
 小中学校などで「学校給食の管理」と「食に関する指導」を一体的に実施して、対象者(児童や生徒)が望ましい食習慣を獲得し、何歳になっても健康な生活を送ることができるように支援を行うのが栄養教諭の仕事です。
 学校栄養教育概論では学校給食の教育的な意義、職務内容などについて学び、栄養教諭に必要とされる「学校給食の管理」や「食に関する指導」の基礎的な知識を学習します。

給食実務論実習

自ら献立を作成し、帳票類を完成させるまで
実践的に給食管理を学びます。
 献立を作成し、調理を行い、帳票類を完成させる。実践的に栄養士の業務(給食管理)を学ぶ実習です。
 特定給食施設などにおいて、栄養士が実際に行う業務を体系的に実習します。栄養士が実際に評価されるポイントの代表的なものに、『献立作成能力』と『調理技術』があげられます。それらを、社会が求めるレベルにまで向上させることが目標です。
 さらに、『調理機器に関する理解を深める』ことや『協調性を高める』ことも目標とし、即戦力であり社会からの評価が高い栄養士の育成を目指します。

臨床栄養学概論

臨床栄養学における各疾患別の食事療法についての実習です。
 病気を治療するために入院している患者にとって、栄養管理はきわめて重要であり病院食は治療の一環であると言われています。臨床栄養学実習では、患者個々の病態や症状に応じた治療食などの栄養補給方法について基礎的な実習を行います。糖尿病や腎臓病など、病態に応じたエネルギー量やたんぱく質量などを調整した食事、摂食・嚥下機能に応じた食事形態別の食事、アレルギー除去食などについて学習していきます。
 さらにそれぞれの治療食の献立作成、調理、提供、評価と、安全な食事を提供するためのリスク管理も含めたグループ学習により、臨床現場で活躍できる専門性の高い栄養士の育成を行っています。

栄養指導論

対象者に応じた栄養指導の方法を学びます。
 栄養指導は、対象者が、望ましい食習慣や生活習慣を形成して、自己管理を行い、QOL(生活の質)を高めることができるように支援していくことを目的としています。そのためには、対象者の状態を把握し、問題点を抽出して、目標を設定して、実行可能な計画を立案して栄養指導を行って評価していくことが重要となります。対象者の健康状態、ライフステージ、ライフスタイル、規模(個人、集団)に応じた栄養指導の方法とスキルを学んでいきます。

教職実践演習(栄養教諭)

栄養教諭としての指導力・実践力を高めます。
 教職実践演習では教職課程科目で身に付けた教員としての専門的な知識・技能を基に、「食に関する指導」における指導案の作成や模擬授業等の演習を通して実践的な学習を行います。また、食に関する課題等についてグループ討議や発表を通して、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を高めます。

 教員からのメッセージ

生活科学学科 准教授
古屋 美知
  近年、食の安全と健康維持に多くの関心が寄せられていますが、一方では糖尿病や骨粗鬆症などの生活習慣病が増加しています。人の健やかな暮らしに直結するのが、毎日の食事です。その健康と食の関係を保つために欠かせないのが、栄養学の知識です。
 私が担当する栄養学は、基礎では人々の食事摂取と消化吸収や代謝のしくみ、また、健康な身体づくりを維持するための理想的な栄養のとり方について学習していきます。さらに、応用では乳児期から高齢期のライフステージごとにおける身体の機能と栄養のかかわりへの理解を深めながら学習していきます。
 食をとりまくあらゆる分野で活躍する栄養士や管理栄養士の果たす役割は今後益々高まってきます。食べることの大切さ、料理の楽しさ、食べ物の美味しさやありがたさ、栄養の摂り方など、様々な「食」と「栄養」について一緒に学びませんか。
 本学における専門科目の多くは、講義で学んだ理論や知識を実験や実習を通して確認し、発展することができるように組み立てられています。私達教員は2年間を充実した時間にするため、学生一人ひとりにしっかり目を向け、高いスキルと幅広い視野を備えた栄養士養成に向け全力で応援していきます。

 先輩の声

生活科学学科2年
濱田 彩莉
 子どもの頃から給食が大好きで、毎朝献立表をチェックするのが楽しみでした。そして、その献立を決めているのが管理栄養士であることを知ったときから私も管理栄養士になりたいと思い、実務経験を3年積んだ後に国家試験を受験できる本学に入学しました。
 高齢化や生活習慣病の増加とともに、食と健康への関心が高まっている今、人の健康を支える「栄養士」の活躍がますます期待されています。また、本学では、栄養教諭二種の免許状も取得することができ、私はそれに向けて頑張っています。
 2年間を通して、食品の種類や栄養の知識、食育の模擬授業、病院・学校での大量調理など人の健康を栄養面からサポートしていくために学ぶことはたくさんあります。しかし、実験や調理実習などグループ活動が多いので楽しく、また身近な食の知識や技術が身に付くので日々充実した学校生活を送ることができます。
 そして、本学は卒業後も管理栄養士国家試験準備講座を行なっておりサポートしてくれるのでとても心強いです。

〈▲ページの最初に戻る〉