学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 看護学科


 看護学科では、以下の図に示す科目を学び、次のような力をもつ看護専門職者として卒業できるよう教員が全力でサポートします。
 医学・医療技術の発展に伴い、高度化、多様化する看護・保険・福祉分野で活躍できる看護師を養成します。


学科長メッセージ 豊かな人間性、専門職としての倫理観に基づき、看護の知識と技術を発展的に創造できる看護職者を育成します。


 看護は、様々な健康状態にある人々が社会の中でその人らしい生活を営むことができるよう、心と身体の仕組みを理解し、さらには人々が生活する社会の仕組みを理解して支援する専門職です。現代は、看護を必要とする対象者のもつ問題が多様化し、看護に求められる能力も多岐にわたっています。看護学科では、社会の健康問題を人々と共に解決し、健康生活の向上に貢献できる豊かな人間性・創造性・主体性をもった看護専門職者を育成することを教育目的としています。
 対象者の健康問題を解決するためには、看護の専門的知識や技術を活かし、科学的・論理的思考のもとに判断された看護実践力が必要となります。また、豊かな人間性や人間の尊厳や権利を尊重できる専門職としての倫理観を土台とし、変動する社会のニーズを察知し、他の保健医療福祉専門職者と協働しながら課題解決に向けて自ら取り組む創造力も不可欠です。
 入学者がこのような力を身につけるために看護学科では以下の方針を掲げて教育に取りくんでいます。




ディプロマポリシー(看護学科を卒業するまでに育む人物像)
@健康問題を解決するために、看護の専門的知識・技術を活かし、科学的・論理的思考のもとに判断できる看護実践能力を有する人。
A友愛精神のもと、人間の尊厳や権利を尊重できる看護職者としての倫理観を有する人。
B変動する社会にあって、社会のニーズを察知し、看護職者として他の保健医療福祉関係者と協働しながら取り組む姿勢を有する人。
C専門職業人として研鑽するために、生涯学び続ける力につながる学習習慣を有する人。




カリキュラムポリシー(看護学科における教育活動の体系化と実施計画)
 看護学科では、看護師国家試験受験資格と養護教諭二種免許状を取得するための教育課程を基本とし、1年次は、幅広く深い教養を培い、豊かな
人間性の涵養を目指して、教養教育科目と人間理解のための科目・看護の基本となる科目を中心に学びます。2年次では、看護の基礎的知識となる
専門基礎分野と専門分野の科目を設定しています。3年次には、より広い視点で看護を理解するために、実習での体験と講義を統合する科目を設定
しています。さらに、1年次から3年次にわたり、選択科目として教職に関する養護教諭の専門教育科目を開講しています。



アドミッションポリシー(看護学科が入学者として求める人物像)
 私たちは
@人間の心と身体の健康に関心がある人
A看護学を学ぶために必要な基礎学力を有し自ら学ぶ意欲と態度を備えている人
B積極的にものごとに取り組み自分の力を高めていける人
C人とのコミュニケーションを大切にしともに成長できる人
D社会の一員としての意識を高くもつことができる人
を入学生として求めています。


看護学科 医療検査専攻|カリキュラムの特徴|
カリキュラム01 カリキュラム02
カリキュラム03 カリキュラム04

  21世紀は「こころの時代」といわれます。食べるものや着るものに困ることはなくなってきましたが、安心して健康な生活が送れているでしょうか。その希望とは裏腹にニュースでは「いじめ」や「自殺」「虐待」といったキーワードが流れているのが現実です。
 人はなぜ不安になったり、恐怖を感じたり、穏やかにいることができないのでしょうか。こういったこころの問題を学ぶのが精神看護学です。その原因や問題への対処を考えることで、こころに苦しみを感じている人を支援できるよう学習していきます。
 看護師として、こころに問題を抱える人を援助するだけでなく、ひとりの人間としての成長も目指します。看護師は病院の中でチームワークをとりながら、多くの患者さんに向き合います。複雑な人間関係の中で自分自身のこころの健康も維持していかなければなりません。人との関わり方やストレス対処などを学びながら、看護師として自立していけるよう私たち教員がサポートします。

 私は祖父の病気をきっかけに医療関係の仕事に就きたいと強く思うようになりました。その中でも、24時間を通して患者さんのそばにいられる看護師という仕事に興味を持ち、本学の看護学科を受験しました。一人暮らしだけでなく、勉強に対しても分からないことばかりで最初は不安だらけでしたが、先輩のアドバイスや周りの友達と支え合っていくことで、現在は充実した日々を送っています。
 看護について学習していく中で、人との関わり方や健康について考えるようになり、学んだことを日常生活でも活かすようになりました。以前と比べると、私は健康管理に気をつけるようになったと感じます。3年間で看護師になるための知識や技術を身に付けなければいけないので、忙しくとても大変ですが、熱心に指導してくれる先生方や同じ目標に向かう仲間達もいるので、講義や演習、自己学習にも一生懸命取り組むことができています。私はこの3年という短い期間で学習を深め、将来は患者さんに安心してもらえ、内面的なことにも気づける看護師になりたいです。

〈▲ページの最初に戻る〉