学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 看護学科


 看護学科

 看護士、養護教諭(二種)を目指す
3年制

短期大学士(看護学)・看護師国家試験受験資格・養護教諭二種免許状

社会の人々のニーズの多様化、医療技術の進歩など、
医療をめぐる環境の変化の中で活躍できる看護師を養成します。 

 豊かな人間性、専門職としての倫理観に基づき、看護の知識と技術をもとに、自ら判断し行動できる看護職者を育成します。

看護学科 学科長
矢野 智恵
 看護は、様々な健康状態にある人々が社会の中でその人らしい生活を営むことができるよう、心と身体の仕組みを理解し、さらには人々が生活する社会の仕組みを理解して支援する専門職です。
 現代は、社会構造の変化に伴い、看護を必要とする対象者の背景が多様化し、看護のあり方も変化を求められています。看護学科では、変動する社会の中で生じる健康問題を人々と共に解決し、健康生活の向上に貢献できる豊かな人間性・創造性・主体性をもった看護職者を育成することを教育目的としています。
 対象者の健康問題を解決するためには、看護の専門的知識や技術を活かし、科学的・論理的思考のもとに判断された看護実践能力が必要となります。また、豊かな人間性や人間の尊厳や権利を尊重できる専門職としての倫理観を土台とし、変動する社会における看護のニーズを察知し、他の専門職者と協働しながら課題解決に向けて自ら取り組む創造力も不可欠です。
 本学看護学科では、入学してきた皆さんが、自ら判断し行動できる主体性をもった専門職として成長し、自身のキャリアをみつめ、自分を高めていけるよう、通常の授業以外にも様々なプログラムを準備してお待ちしています。
卒業と同時に短期大学士(看護学)と看護師の国家試験受験資格、選択により養護教諭二種免許状が取得できます。

 主なカリキュラム

看護学概論

看護学の入門として「看護とは何か」を学びます。
 初めて看護学を学ぶ皆さんが、「看護とは何か」について考えていくための基礎を養う科目です。看護の定義、対象のとらえ方、看護理論について学びながら、これから学習する看護専門分野への入門の科目として、幅広い視点から考えることができるための素地をつくります。グループ討議の中で「自分の考えや疑問を言葉にすること」を大切にした授業を展開します。

基礎看護援助方法論II

診療や検査を受ける対象の苦痛や不安を最小限にするための看護について学びます。
 看護師の役割には法律上「療養上の世話」と「診療の補助」があります。この科目では、創傷の処置を始め、酸素吸入や注射、診療に伴う基本的な看護技術など、主に「診療の補助」に関わる看護について学内演習を中心に学びます。看護師は、単なる医療行為の補助だけでなく、診療を受ける対象の不安や苦痛を最小限にし、安全で安楽な援助を行っていく必要があります。学内の実習室で学生同士やモデル人形を相手に、医療現場で実際に使用されているものと同様の物品を使用し、対象への配慮や対象に適した援助方法を習得します。

看護と倫理

看護倫理場面において、看護専門職者として行動できるための基本を学びます。
 「倫理」という言葉を聞くと、“難しい”というイメージを持つかもしれませんが、私たちは日常的に様々な倫理的問題に直面しています。そして、自分の態度や行動の意味、物事の善し悪しを考え、倫理的判断を行っています。倫理は特別なものではなく、私たちの身近に存在しています。
 看護の対象者を取り巻く看護場面においても「看護倫理」の重要性が強調されています。この科目では、倫理的な問題が生じていることに気づく力と、なぜそれが倫理的な問題なのか、そして、看護師としてどのように行動したらよいのかを考える力を養っていきます。

急性期看護援助論

急激な健康状態の変化が起こっている対象への看護について学びます。
 急性期は、疾病、外傷、手術などによって健康状態の急激な変化が引き起こされた時期です。急性期看護援助論では、このような時期にある対象の生命を守り、速やかな回復を促進するための観察、判断、適切な処置・ケアに関する知識や技術を学びます。また、急性期の健康問題を持つ対象を身体、精神、社会面から総合的にとらえ、安全や安楽に配慮した看護援助の方法について学びます。

慢性期看護援助論II

慢性疾患を持つ人が日常の生活を取り戻し、自分の意志でより健康で自分らしい生活を送るための看護について学びます。
 人は自分の意志で決定し行動しています。「人の生活」と「病気の経過」の両方を理解し、「病気を持って生活するその人自身が選択し行動すること」を支えるために必要な看護援助について考えます。テーマを基に自分たちで計画し展開する演習を通して、自分の持つ力やグループメンバーの持つ力を見つけ出し、課題解決への自信を培います。

小児看護学概論

子ども・家族の理解を通して、小児看護学の理念と特性について学びます。
 小児看護学の対象となる子どもと家族について、基礎となる考え方や理論を学び、対象の特徴について理解を深めます。また、様々な発達段階の子どもや家族の生活、健康問題を理解することにより、看護援助のあり方を考えます。さらに、健康を害することが子どもや家族にとってどのような体験なのか理解し、子どもや家族への看護について学びます。

老年看護援助論I

高齢者のもつ強みを活かした看護を学びます。
 高齢者は、豊富な経験と知識をもち、それぞれ多様な生き方をされてこられた個別性の高い存在です。加齢と共に変化する高齢者の状態を理解し、その方らしさを尊重した日常生活への具体的援助を学びます。また、これまでの人生をとおして培った強みを活かした看護について考えます。

母性看護実習

妊娠、出産をとおして、命の尊さ、個人の尊厳を肌で感じる実習です。
 母性看護実習は、出産前後の母子を受け持ち、母親と新生児が健康に過ごし良い母子関係を築いていくための看護を学びます。学生それぞれが自分の誕生について思いをはせ、生命の尊さについて考える実習でもあります。
 出産直後のこの時期は母子共に心身の変化が激しく、環境に適応しているか観察や判断がとても重要になります。病院での実習を通して、母子の健康状態を判断するための知識や技術、新しい生命が家族に迎えられるための援助の視点を学びます

在宅看護実習

在宅で療養する人々と家族への看護の実際を学びます。
 在宅看護実習では、地域で生活する人々とその家族が、住み慣れた場所でその人らしく過ごせるための支援について学びます。ここでは、訪問看護に同行し在宅での看護の実際を学ぶと共に、在宅療養者を生活者として総合的にとらえる力を養います。また、通所系サービス事業所等での実習を通して、他職種との連携の重要性を学びます。さらに療養者や家族の在宅生活を支える様々なサービスについて学びを深めていきます。

 教員からのメッセージ

看護学科 准教授
中岡 亜紀
「子ども」と聞くと皆さんはどのようなイメージをもっているでしょうか。
 小さい、かわいい、活発、なんだか苦手、側にいるとどうしたらいいかわからない、などなど。講義の最初に聞こえてくる、学生の率直な思いです。
 誰もが子どもから大人になるのですが、大人になると、子どもはよくわからない存在となっている側面があります。
 私が担当する小児看護学では、乳児期・幼児期・学童期・思春期という様々な発達段階の子どもの特徴について学びます。次に、健康障害が子どもや家族に及ぼす影響を理解し、看護を実践するために必要な知識と技術を学んでいきます。そして子どもを常に一人の人間として尊重し、子どもの権利を守ることを考えながら、小児看護実習に取り組みます。
 子どもが好きでも、苦手でもそれは素直な思いです。様々な知識や技術を習得し、体験をするなかで、看護の対象として子どもをとらえた時、皆さんは、きっと変わっています。多くの友人や教員と共に、学び、時には悩みながら、語り合い、成長していきましょう。

 先輩の声

看護学科
松本 千広
 私は、以前医療現場で働いていました。急変時に迅速な判断で適切な処置を施し、患者さんに安心をもたらす看護師の姿を間近で見て、看護の素晴らしさを感じました。そして、より深く患者さんの看護に関わりたいと思い、高知学園短期大学の看護学科に入学しました。勉強から離れていたこともあり、学生生活はとても不安でしたが、今では周りの仲間と協力し、支え合って充実した毎日を送っています。
 3年間で看護師になる為には、膨大な知識や技術を身に付けなければならないので、毎日忙しく大変ですが、周りには同じ目標を持った仲間がいて、励まし合い時には刺激し合いながら頑張る事ができます。また、熱心に指導してくださる先生方のサポートもあり、1日1日が看護師に近づく1歩だと思いながら、一生懸命勉強に取り組んでいます。
 この1年、看護を学んだ中で、知識、技術だけでなく患者さんの背景を知り、その思いに気づき、支えていくことがとても大切だと分かりました。私はこの3年間で、身体的な看護だけでなく、精神的な面でも支え、患者さんが安心して療養生活を送れるよう援助できる看護師を目指したいと思います。

〈▲ページの最初に戻る〉