学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 看護学科


 看護学科

 看護士、養護教諭(二種)を目指す
3年制

短期大学士(看護学)・看護師国家試験受験資格・養護教諭二種免許状

人々の生活を健康の視点から支えられるよう、
健康や看護について学ぶ。

社会ニーズの多様化、医療技術の進歩など、
医療をめぐる環境の変化の中で活躍できる看護師を養成します。

 豊かな人間性、専門職としての倫理観に基づき、看護の知識と技術をもとに、自ら判断し行動できる看護職者を育成します。

看護学科 学科長
矢野 智恵
 看護職は、様々な健康状態にある人々が社会の中でその人らしい生活を営むことができるよう、心と身体の仕組みを理解し、さらには人々が生活する社会の仕組みを理解して支援する専門職です。
 看護を必要とする対象者の背景が多様化する中、社会から求められる看護のあり方も変化しています。看護学科では、看護の専門的知識・技術をもって社会の健康問題を人々と共に解決し、健康生活の向上に貢献できる豊かな人間性・創造性・主体性をもった看護専門職者を養成することを教育目的として日々取り組んでいます。学内での講義や演習をとおして学んだ看護の知識・技術をもとに、病院や施設等で行う臨地実習で看護を展開していく実践力を養っていきます。
 私たち教員は、入学してきた皆さんが、自ら判断し行動できる主体性をもった専門職者として成長し、自身のキャリアをみつめ、自分を高めていけるよう、一人ひとりの学びの過程を見つめながら必要な支援を行い、全力で教育に取り組んでいます。人と関わることが好きな方、看護学に興味のある方、ぜひ本学看護学科でともに看護の楽しさ、魅力を実感していきましょう。
卒業と同時に短期大学士(看護学)と看護師の国家試験受験資格、選択により養護教諭二種免許状が取得できます。

 主なカリキュラム

看護学概論

看護学の入門として「看護とは何か」を学びます。
 初めて看護学を学ぶ皆さんが、「看護とは何か」について考えていくための基礎を養う科目です。看護の定義、対象のとらえ方、看護理論について学びながら、これから学習する看護専門分野への入門の科目として、幅広い視点から考えることができるための素地をつくります。グループ討議の中で「自分の考えや疑問を言葉にすること」を大切にした授業を展開します。

基礎看護援助方法論II

診療や検査を受ける対象の苦痛や不安を
最小限にするための看護について学びます。
 看護師の役割には法律上「療養上の世話」と「診療の補助」があります。この科目では、創傷の処置を始め、酸素吸入や注射、診療に伴う基本的な看護技術など、主に「診療の補助」に関わる看護について学内演習を中心に学びます。
 看護師は、単なる医療行為の補助だけでなく、診療を受ける対象の不安や苦痛を最小限にし、安全で安楽な援助を行っていく必要があります。
 学内の実習室で学生同士やモデル人形を相手に、医療現場で実際に使用されているものと同様の物品を使用し、対象への配慮や対象に適した援助方法を習得します。

母性看護実習

妊娠、出産をとおして、命の尊さ、
個人の尊厳を肌で感じる実習です。
 母性看護実習は、出産前後の母子を受け持ち、母親と新生児が健康に過ごし良い母子関係を築いていくための看護を学びます。学生それぞれが自分の誕生について思いをはせ、生命の尊さについて考える実習でもあります。
 出産直後のこの時期は母子共に心身の変化が激しく、順調な経過をたどっているかどうかの観察や判断がとても重要になります。病院での実習を通して、母子の健康状態を判断するための知識や技術、新しい生命が家族に迎えられるための援助の視点を学びます。

急性期看護援助論

急激な健康状態の変化が起こっている対象への看護について学びます。
 急性期は、疾病、外傷、手術などによって健康状態の急激な変化が引き起こされた時期です。急性期看護援助論では、このような時期にある対象の生命を守り、速やかな回復を促進するための観察、判断、適切な処置・ケアに関する知識や技術を学びます。また、急性期の健康問題を持つ対象を身体、精神、社会面から総合的にとらえ、安全や安楽に配慮した看護援助の方法について学びます。

慢性期看護援助論U

慢性期にある健康問題をもつ人が、
自分らしく生活を送るためには
どのような看護が提供できるかを学んでいきます。
 慢性期にあるとはどのようなことを意味するのかを考え、健康問題を自らマネジメントしながら生活している方に、どのような場面でどのような看護が必要か具体的に考えていきます。設定した模擬患者さんについて、グループで協力し合いながら課題の解決に向けて看護を展開し、それを発表することで、考え・伝え・他者と共有しながら学びを深める授業を展開していきます。

慢性期看護援助論II

慢性疾患を持つ人が日常の生活を取り戻し、
自分の意志でより健康で自分らしい生活を送るための看護について学びます。
 人は自分の意志で決定し行動しています。「人の生活」と「病気の経過」の両方を理解し、「病気を持って生活するその人自身が選択し行動すること」を支えるために必要な看護援助について考えます。テーマを基に自分たちで計画し展開する演習を通して、自分の持つ力やグループメンバーの持つ力を見つけ出し、課題解決への自信を培います。

小児看護学概論

子ども・家族の理解を通して、
小児看護学の理念と特性について学びます。
 小児看護学の対象となる子どもと家族について、基礎となる考え方や理論を学び、対象の特徴について理解を深めます。また、様々な発達段階の子どもや家族の生活、健康問題を理解することにより、看護援助のあり方を考えます。さらに、健康を害することが子どもや家族にとってどのような体験なのか理解し、子どもや家族への看護について学びます。

老年看護援助論I

高齢者のもつ強みを活かした看護を学びます。
 高齢者は、豊富な経験と知識をもち、それぞれ多様な生き方をされてこられた個別性の高い存在です。加齢と共に変化する高齢者の状態を理解し、その方らしさを尊重した日常生活への具体的援助を学びます。また、これまでの人生をとおして培った強みを活かした看護について考えます。

在宅看護実習

在宅で療養する人々と家族への看護の実際を学びます。
 在宅看護実習では、地域で生活する人々とその家族が、住み慣れた場所でその人らしく過ごせるための支援について学びます。ここでは、訪問看護に同行し在宅での看護の実際を学ぶと共に、在宅療養者を生活者として総合的にとらえる力を養います。また、通所系サービス事業所等での実習を通して、他職種との連携の重要性を学びます。さらに療養者や家族の在宅生活を支える様々なサービスについて学びを深めていきます。

看護と倫理

看護倫理場面において、
看護専門職者として行動できるための基本を学びます。
 「倫理」という言葉を聞くと、“難しい”というイメージを持つかもしれませんが、私たちは日常的に様々な倫理的問題に直面しています。そして、自分の態度や行動の意味、物事の善し悪しを考え、倫理的判断を行っています。倫理は特別なものではなく、私たちの身近に存在しています。
 看護の対象者を取り巻く看護場面においても「看護倫理」の重要性が強調されています。この科目では、倫理的な問題が生じていることに気づく力と、なぜそれが倫理的な問題なのか、そして、看護師としてどのように行動したらよいのかを考える力を養っていきます。

 教員からのメッセージ

看護学科 講師
政平 憲子
 皆さんは、看護の仕事と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべますか。病院で医師の診療の補助を行ったり、患者さんのケアを行うというイメージでしょうか。
 看護師の仕事は、病院や自宅で病気やケガで療養している人が安心して療養生活を行い、健康を回復し、日常生活に戻れるように支援することです。もう少し具体的な内容を言うと、生活上の援助や指導、診療の補助、家族への介護方法の指導、さらに、医師を含めた医療関係者との調整を行い、療養生活が円滑に送れるようにします。
 私は、「基礎看護学」という文字通り看護の基礎となる知識と技術を学ぶ分野を担当しています。病気やケガで療養している人が安心して療養生活を送ることができるためには、その方の身体の状態を観察し判断し、その人の状態に応じたケアを選んで実施したり、治療や処置を正しく行う技術が必要になります。「基礎看護学」では、患者さんの身体を観察する技術や食事や清潔に関する日常生活援助技術、治療や処置を正しく行う診療の補助技術等について学びます。
 看護師として活躍する場所は、病院や診療所等をはじめ、福祉施設、介護保険施設、訪問看護ステーション、海外での看護活動、看護系大学教員等どんどん広がってきています。
 基礎看護学をしっかりと身につけ様々な場所で活躍できる看護師になるように是非一緒に学んでいきましょう。

 先輩の声

看護学科3年
石川 千佳
 私が看護師を目指したきっかけは、整体師・アロマセラピストとして働いているときに、基礎疾患があるお客様への施術に悩んだ事でした。色々調べていく内に、看護師になれば疾患による苦痛を理解し、その方に必要なケアができるのではと考えました。
 入学してからは、1年生で人体・疾患・看護技術・看護倫理・人間関係論などの基礎知識をしっかりと学び、2年生ではさらに臨床の現場で必要な専門知識を積み上げていきます。そして、2年の夏に初めての基礎実習に挑みます。私はこの実習で、患者さんの立場に立った看護の難しさを痛感しました。複数の疾患を同時に抱える患者さんの看護には、疾患の知識は勿論、その方の性格、家族構成や生活背景、その方の歴史など、様々な情報を多方向からアセスメントする必要があります。更にその情報を得るための高いコミュニケーション能力も必要です。看護師は、常に様々なことを学び続けていく必要があります。
 この3年間で得られる知識・経験をもとに、看護師になってからも常に学習を怠らず、患者さんに安心を提供出来る看護師になりたいと思います。

〈▲ページの最初に戻る〉