学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 看護学科


 看護学科

 看護士、養護教諭(二種)を目指す
3年制

短期大学士(看護学)・看護師国家試験受験資格・養護教諭二種免許状

看護の専門知識と技術を学び、人間性を深める。
社会ニーズの多様化、医療技術の進歩など、医療をめぐる
環境の変化の中で活躍できる看護師を養成します。

 豊かな人間性、専門職としての倫理観に基づき、看護の知識と技術をもとに、自ら判断し行動できる看護職者を育成します。

看護学科 学科長
矢野 智恵
 看護職は、様々な健康状態にある人々が社会の中でその人らしい生活を営むことができるよう、心と身体の仕組みを理解し、さらには人々が生活する社会の仕組みを理解して支援する専門職です。
 看護を必要とする対象者の背景が多様化する中、社会から求められる看護のあり方も変化しています。看護学科では、看護の専門的知識・技術をもって社会の健康問題を人々と共に解決し、健康生活の向上に貢献できる豊かな人間性・創造性・主体性をもった看護専門職者を養成することを教育目的として日々取り組んでいます。学内での講義や演習をとおして学んだ看護の知識・技術をもとに、病院や施設等で行う臨地実習で看護を展開していく実践力を養っていきます。
 私たち教員は、入学してきた皆さんが、自ら判断し行動できる主体性をもった専門職者として成長し、自身のキャリアをみつめ、自分を高めていけるよう、一人ひとりの学びの過程を見つめながら必要な支援を行い、全力で教育に取り組んでいます。人と関わることが好きな方、看護学に興味のある方、ぜひ本学看護学科でともに看護の楽しさ、魅力を実感していきましょう。
卒業と同時に短期大学士(看護学)と看護師の国家試験受験資格、選択により養護教諭二種免許状が取得できます。

 主なカリキュラム

看護学概論

看護学の入門として「看護とは何か」を学びます。
 初めて看護学を学ぶ皆さんが、「看護とは何か」について考えていくための基礎を養う科目です。看護の定義、対象のとらえ方、看護理論について学びながら、これから学習する看護専門分野への入門の科目として、幅広い視点から考えることができるための素地をつくります。グループ討議の中で「自分の考えや疑問を言葉にすること」を大切にした授業を展開します。

基礎看護援助方法論II

診療や検査を受ける対象の苦痛や不安を
最小限にするための看護について学びます。
 看護師の役割には法律上「療養上の世話」と「診療の補助」があります。この科目では、創傷の処置を始め、酸素吸入や注射、診療に伴う基本的な看護技術など、主に「診療の補助」に関わる看護について学内演習を中心に学びます。看護師は、単なる医療行為の補助だけでなく、診療を受ける対象の不安や苦痛を最小限にし、安全で安楽な援助を行っていく必要があります。学内の実習室で学生同士やモデル人形を相手に、医療現場で実際に使用されているものと同様の物品を使用し、対象への配慮や対象に適した援助方法を習得します。

看護と倫理

看護倫理場面において、看護専門職者として
行動できるための基本を学びます。
 「倫理」という言葉を聞くと、“難しい”というイメージを持つかもしれませんが、私たちは日常的に様々な倫理的問題に直面しています。そして、自分の態度や行動の意味、物事の善し悪しを考え、倫理的判断を行っています。倫理は特別なものではなく、私たちの身近に存在しています。
 看護の対象者を取り巻く看護場面においても「看護倫理」の重要性が強調されています。この科目では、倫理的な問題が生じていることに気づく力と、なぜそれが倫理的な問題なのか、そして、看護師としてどのように行動したらよいのかを考える力を養っていきます。

急性期看護援助論

急激な健康状態の変化が起こっている対象への
看護について学びます。
 急性期は、疾病、外傷、手術などによって健康状態の急激な変化が引き起こされた時期です。急性期看護援助論では、このような時期にある対象の生命を守り、速やかな回復を促進するための観察、判断、適切な処置・ケアに関する知識や技術を学びます。また、急性期の健康問題を持つ対象を身体、精神、社会面から総合的にとらえ、安全や安楽に配慮した看護援助の方法について学びます。

慢性期看護援助論II

慢性疾患を持つ人が日常の生活を取り戻し、自分の意志で
より健康で自分らしい生活を送るための看護について学びます。
 人は自分の意志で決定し行動しています。「人の生活」と「病気の経過」の両方を理解し、「病気を持って生活するその人自身が選択し行動すること」を支えるために必要な看護援助について考えます。テーマを基に自分たちで計画し展開する演習を通して、自分の持つ力やグループメンバーの持つ力を見つけ出し、課題解決への自信を培います。

小児看護学概論

子ども・家族の理解を通して、小児看護学の理念と
特性について学びます。
 小児看護学の対象となる子どもと家族について、基礎となる考え方や理論を学び、対象の特徴について理解を深めます。また、様々な発達段階の子どもや家族の生活、健康問題を理解することにより、看護援助のあり方を考えます。さらに、健康を害することが子どもや家族にとってどのような体験なのか理解し、子どもや家族への看護について学びます。

老年看護援助論I

高齢者のもつ強みを活かした看護を学びます。
 高齢者は、豊富な経験と知識をもち、それぞれ多様な生き方をされてこられた個別性の高い存在です。加齢と共に変化する高齢者の状態を理解し、その方らしさを尊重した日常生活への具体的援助を学びます。また、これまでの人生をとおして培った強みを活かした看護について考えます。

母性看護実習

妊娠、出産をとおして、命の尊さ、
個人の尊厳を肌で感じる実習です。
 母性看護実習は、出産前後の母子を受け持ち、母親と新生児が健康に過ごし良い母子関係を築いていくための看護を学びます。学生それぞれが自分の誕生について思いをはせ、生命の尊さについて考える実習でもあります。
 出産直後のこの時期は母子共に心身の変化が激しく、順調な経過をたどっているかどうかの観察や判断がとても重要になります。病院での実習を通して、母子の健康状態を判断するための知識や技術、新しい生命が家族に迎えられるための援助の視点を学びます。

在宅看護実習

在宅で療養する人々と家族への看護の実際を学びます。
 在宅看護実習では、地域で生活する人々とその家族が、住み慣れた場所でその人らしく過ごせるための支援について学びます。ここでは、訪問看護に同行し在宅での看護の実際を学ぶと共に、在宅療養者を生活者として総合的にとらえる力を養います。また、通所系サービス事業所等での実習を通して、他職種との連携の重要性を学びます。さらに療養者や家族の在宅生活を支える様々なサービスについて学びを深めていきます。

 教員からのメッセージ

看護学科 教授
今村 優子
 国民の4人に一人が65歳以上の高齢者という超高齢社会のわが国では、高齢者が住み慣れた地域や住まいで尊厳ある自立した生活を送ることができるよう、質の高い保健・医療・福祉サービスの確保が必要となっています。戦後生まれの団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年頃には、社会の一員として高齢者が活躍できるよう、高齢者の健康維持・増進が重要となり、看護専門職への期待はますます大きくなっています。
 私が担当する老年看護学では、まず、加齢変化が心身に及ぼす影響を理解していきます。そして、多様な生活の背景を持った高齢者が、「持てる力」すなわち「強み」を生かして、ご本人の望む生活の場で生き生きと暮らしていくために、できることは継続してできるように、できないところには充実した支援を受けることができるような援助を考えていきます。
 皆さんも、まだ経験していない未知の「老い」について考え、同じ目的を持つ仲間や教員と率直に語り合い、臨地実習施設や地域での出会いの中で高齢者の思いを捉え、看護専門職としての基本的な力を習得できるよう、共に学びましょう。

 先輩の声

看護学科3年
石黒 千晶
 私は幼い頃から看護師に憧れていました。中学生のとき、職場体験で実際に患者さんと接する看護師の姿を見て、看護師の仕事は患者さんにとって身体的にも精神的にも大きな支えとなることを知りました。そして看護師を目指したい気持ちが更に強くなり、看護の道に進むことを決めました。
 初めての実習では、実際の患者さんを受け持たせていただき、世代の離れた方とのコミュニケーションの難しさを感じました。患者さんの気持ちに寄り添いたいと考え実習に臨みましたが、認知症の患者さんの気持ちをなかなか理解できませんでした。そこで、私はコミュニケーションをとるためには、相手のことをよく理解すること、特に疾患を理解することが大切だと学びました。認知症がどのような疾患、症状であるのかをきちんと理解していないと、自分の発言によって患者さんが気分を害したり、症状が悪化したりすることがあるからです。また、多くの患者さんと接するなかで、同じ疾患でも1人 ひとり受け止め方や感じ方が違うことも学びました。
 私は、患者さんの疾患をきちんと理解したうえでコミュニケーションをはかり、患者さんからなんでも話したいと思われる看護師になりたいです。

〈▲ページの最初に戻る〉