学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 歯科衛生専攻


 医療衛生学科 歯科衛生専攻

 歯科衛生士を目指す
3年制

 短期大学士(歯科衛生学)・歯科衛生士国家試験受験資格

歯と口の健康について学ぶ。
高度な専門技術を基礎から指導。
歯科衛生士のエキスパートを3年間で養成します。

 歯科衛生士を養成する教育機関は県内では本学のみ。「学」と「実」の両面から真のプロフェッショナルをめざします。

医療衛生学科
歯科衛生専攻 専攻長
中石 裕子
 歯科衛生専攻では、歯科衛生士業務である歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導に加え、より専門的な教科を3年間で習得します。カリキュラムに沿って学びながら知識を深め、学内・外での実習を通して技術を磨くことにより、各年齢層(ライフステージ)に応じた指導計画と評価が理解でき、口腔衛生が全身の健康管理へつなげることができる人材の養成を目指します。本専攻の特色は、学生の主体的な学びとして行政と連携した歯肉炎予防を中心に行う「食育プラス歯みがき」実習があります。毎年3,000名以上の幼児・児童・生徒に予防のための支援を実施しています。
 今後の将来を見定めた災害支援や高齢者の口腔のケアにも力点を置き、社会のニーズに対応した授業と実習の展開を図っているのも特色です。
 学外実習では、歯科医院等で勤務している歯科衛生士の殆どは本学の卒業生であり、歯科臨床実習においても先輩が懇切、丁寧に指導してくれます。歯科衛生士は国家資格であり、非常に有利で将来性のある仕事です。
卒業と同時に短期大学士(歯科衛生学)と歯科衛生士の国家試験受験資格が取得できます。
学内の講義・実習と学外実習を通して実践力を養い、多様なカリキュラムを編成しチーム医療の一員として連携できる歯科衛生士を目指しています。

 主なカリキュラム

口腔衛生学I

歯と口腔の疾患予防や健康増進について学びます。
 歯科衛生士にとって全ての授業の基礎となる科目です。歯と口腔を健康に保つための原理を探り、疾病を予防し健康を保持・増進させることを目的としています。歯科衛生士として、歯・口腔を健康に保つための手段・方法を身につけます。

健康教育

病気に対する知識や口腔状態、セルフケア方法を
理解する歯科健康教育を学びます。
 この科目では、様々な年齢層に応じた歯みがき指導ができるように、学生間で目的を設定し、学生の主体性とチームワークに重点をおいた授業を展開します。年齢にあった媒体を作製し保育園・小学校・介護施設等で歯みがきや口腔機能向上の指導実習をします。

口腔解剖学I・II

歯の形態や歯列・咬合、歯および歯周組織の知識を学びます。
 口腔解剖学Tでは、顎口腔領域の形態、構造について学びます。今後も増加する高齢者・要介護者が抱える問題となる嚥下障害など口腔の機能についての基礎知識を理解します。
 口腔解剖学Uでは歯牙の形態、構造について学びます。歯の形態はそれぞれ異なっており、一本一本の歯がそれぞれどのような働きをしているのか、また、歯科衛生士として歯(歯冠・歯根)の特徴を理解することは、目に見えない部分の歯石を取る(スケーリング)際に必要なことです。

高齢者・障害者介補技術

高齢者や障害者に重要な口腔ケアの技術を学びます。
 歯科衛生士も歯科医院から在宅・病院・施設などに訪問の機会が多くなってきました。高齢・障害者についての身体・精神の程度、症状等を正確に理解し、力学的相互関係を活用した介護技術を学びます。(ボディメカニクス)

診療補助実習

実習を通じて、歯科診療補助の実践的な技術を学びます。
 最新の歯科診療台が18台あり、教員のデモンストレーションを見るモニター(パソコン)も設置されています。学生同士での相互実習により、技術の習得のために歯科医院と同じ設備です。使用する器具等は完全に滅菌・保管されており、安心して実習できます。

歯周病予防処置・う蝕予防処置

歯を失う原因にもなる歯周病を知り歯周病の予防処置を学びます。
 歯周病の予防では、スケーラーで歯石などを除去します。むし歯の予防では歯にフッ素を塗ったり、予防てんそくという処置をするなどの知識や技術を実習します。

オーラルヘルスケアテクニック

予防を目的とした歯のメインテナンス技術と知識を学びます。
 オーラルヘルスケアは,オーラル(口腔:oral)ヘルス(健康:health)ケア(管理・予防:care)を意味しますが、口腔の問題にとどまらず全身の健康やQOLとも関連することが明らかとなってきました。心身ともに健康であることをもとに知識や技術を習得していきます。

災害と支援活動法

災害時における口腔ケアや口腔衛生の需要性と
疾患予防の観点における支援を学びます。
 災害には、風水害、震災、雪害などの自然災害の他、人為的災害があります。その場合、歯科医療や歯科保健の支援が必要になります。
 災害時は、住み慣れた自宅での生活から一転して、食事や睡眠・ストレスなども大きくなるため、多職種とも連携しながら健康管理や支援内容、コーディネイトなどのすすめ方を習得していきます。

 教員からのメッセージ

歯科衛生専攻 講師
坂本 まゆみ
「口腔の健康管理」 〜生きる力を支える〜
 「8020運動」、「食支援」、「口腔機能向上」などのことばを聞いたことがないでしょうか?高齢化が進み認知症や生活習慣病が増加するなか、平均寿命だけでなく健康寿命も延長できるよう、さまざまな対応がなされており口腔の健康管理とも大きく関わっています。
 近年、歯科医療を取りまく環境は大きく変化し、“治療”から“予防・支援”へ、診療室から地域・在宅へと関わる場所も動いています。
 特に歯科衛生士は、マイナス0歳(妊娠期)からその方がこの世を旅立つまでの間、生涯にわたり口腔内環境や口腔機能の管理・支援を通してQOLの向上に貢献するべく、すべてのライフステージに関わっています。そのため、実習先は保育園・幼稚園や小・中学校・高校・病院や介護施設・障がい者施設など多岐にわたります。
 また将来、医療・保健・福祉の場で求められるニーズに対して、多職種とコミュニケーションを図り連携しながら支援していくことも視野に、歯や口のことにとどまらず幅広い分野を学び、“健口寿命”の延長や生きる力をサポートできるよう学んでみませんか。

 先輩の声

歯科衛生専攻2年
佐竹くるみ
 私が歯科衛生士を目指そうと思った理由は、高校生の時から通っている歯医者の歯科衛生士さんに憧れたからです。最初の頃は緊張や不安がありましたが、歯科衛生士さんに笑顔でやさしく接していただき、安心して治療を受けることができました。そのことがきっかけで歯科衛生士という仕事に興味を持ち、私も患者様に安心を与えられる歯科衛生士になりたいと思いました。
 入学してからは高校の頃と違い、専門分野の勉強が多くついていけるかどうか不安でしたが、先生が授業の終わりに質問時間を設けてくれたり、休み時間でもわからないところを丁寧に教えてくださるので理解を深めていくことができます。また、素敵な友人達と出会う事もでき、日々切磋琢磨しながら充実した学生生活を送っています。
 入学して1年が経ち、歯についての専門知識が少しずつ身に付いているかなと実感していますが、先輩方の姿をみるとやはり1年の違いは大きく、歯科衛生士への憧れの気持ちがさらに強くなってきました。これからも国家試験合格に向けて一生懸命勉強し、笑顔と思いやりの心を常に持った歯科衛生士になれるよう、初心を忘れず努力していきたいと思います。

〈▲ページの最初に戻る〉