学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 医療検査専攻


 医療衛生学科 医療検査専攻

 臨床検査技師を目指す
3年制

 短期大学士(臨床検査学)・ 臨床検査技師国家試験受験資格・健康食品管理士認定試験受験資格・中級バイオ技術者認定試験受験資格・医療情報技師認定試験受験資格・赤十字救急法救急員認定受験資格

診断と治療に必要な臨床検査について学ぶ。
広い視野から医療を学ぶとともに、
高度な専門知識を持った臨床検査技師を養成します。

ますます活躍の場が広がる臨床検査技師。臨床検査技師養成50年の歴史と伝統。
富永 麻理先生
医療衛生学科 学科長
医療検査専攻 専攻長
富永 麻理
 臨床検査技師は、病気の診断・治療方針の決定や経過観察などに必要な医療情報を提供する医療従事者として、国家資格が認められた職業です。変化する社会や日々進歩する医療の中で臨床検査技師の活躍の場はますます広がっています。日本の臨床検査技師は、患者さんから得られた血液や尿、組織などの検体を検査するだけでなく、患者さんから検体を採取することができ、様々な生理機能検査を行えることが特長であり、近年では、患者さんへの検査説明も求められています。このような業務を行うには患者さんに対する接遇やコミュニケーション能力などが重要視され、近年の医療で求められている在宅医療などに関わることも期待されています。
 現在、全国で6万人、高知県内で約600人の臨床検査技師が医療施設などで活躍しています。本学は全国に先駆け短期大学として臨床検査技師養成に取組み、令和元年度には第50期生を輩出します。50年の歴史と伝統に培われた臨床検査技師養成教育の下、2300余名の卒業生は、全国の病院、検査センター、臨床検査関連機器メーカー、大学などの教育研究施設で活躍しています。また、卒業生の中には、本学専攻科応用生命科学専攻や国立大学医学部保健学科へ進学して学士の学位を取得後、大学院に進学する先輩もいます。
 本専攻は、臨床検査技師を目指す皆さんの「医療を支える専門的職業人として活躍したい」という夢を実現させるための場です。入学後には、講義・実習・演習を通して、科学的思考の基礎・人間と生活などの基礎分野から、生命の仕組みや疾病の成り立ちと予防及び医学検査に関する専門分野の知識・技術を習得します。そして、卒業後は、広く深い学びを身に付け、社会性を持った臨床検査技師として医療現場で活躍することができます。
卒業と同時に短期大学士(臨床検査学)と臨床検査技師の国家試験受験資格が与えられます。

〈▲ページの最初に戻る〉