学科紹介

ホーム > 学科紹介 > 生活科学学科


人間にとってもっとも基本的で重要な
「食」と「栄養」について学ぶ。

食や食生活に関する総合的な知識と
実践的な技術を身につけます。

生活科学学科では「食・栄養・健康」に関する幅広い知識と実践力を備え、社会で活躍できる栄養士の養成を目標にしています。
渡邊 慶子先生
生活科学学科 学科長
渡邊 慶子
 栄養士は、個人や集団の人を対象に、食事や栄養についてアドバイスをする「栄養の指導」や、提供する食事の管理(献立作成や食材の発注、栄養素の計算など)を行う職業です。卒業後の進路としては、病院、学校、福祉施設、保育園、老人保健施設、集団給食施設、食品関係の企業など幅広く活躍できます。1年次から将来の目的意識を明確にしながら、食と栄養に関する専門的な知識と技術を講義や実習により習得し、@健康の保持・増進に貢献する実践的な能力を備える、A専門家としてのキャリア形成に対する意識を持ち、栄養と健康の情報発信力を身につける、B地域や医療・福祉等の組織と連携・協働して健康で豊かな生活を実現する実践力を備える、C問題の解決に取り組むことができる栄養士を養成しています。
 各科目では、研究教育、医療、福祉、学校現場などで実績のある教員が指導に当たり、より実践に即した授業を展開しています。専門教育科目は基礎から応用へと体系的な教育内容となっており、学生は多様なカリキュラムと、充実した実験・実習・演習を通して専門知識と実務能力を習得していきます。選択により栄養教諭二種免許状の資格も取得することができ、学校栄養教員として子どもたちの食・栄養に関わる進路も目指せます。
 卒業後に栄養士として3年以上の実務経験を経て、管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。本学では毎年、管理栄養士国家試験受験準備講座を開設して卒業後も切れ目のない支援を行っています。
食に関わる理論と技術を多様な実験、実習、演習でのきめ細やかな指導を通じて習得、高度な知識と実践力を備えた栄養士を育成します。
栄養士、フードコーディネーター3級の資格に加えて栄養教諭の資格も取得可能です。

〈▲ページの最初に戻る〉